不動産売却における土地の譲渡とは?「贈与」や「相続」との違いをご紹介!

2021-12-07

不動産売却における土地の譲渡とは?「贈与」や「相続」との違いをご紹介!

不動産売却をお考えの方のなかには、土地の譲渡について「譲渡」とはなにか、よくわからないという方もいるのではないでしょうか。
そこで、不動産売却における土地の譲渡とはなにか、また「贈与」や「相続」とどう違うのかを、土地の譲渡の流れもあわせてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における土地の譲渡とは?「贈与」や「相続」との違いは?

不動産売却における土地の「譲渡」とは、土地の権利を譲り渡す際に有償である点が特徴です。
土地の所有者が金銭と引き換えに土地の権利を譲り渡す際は譲渡であり、「売却」と同様の意味を持ちます。
一方、「贈与」とは、無償で土地の権利を譲り渡すことを指します。
土地の譲渡が贈与と異なる点は、有償であるか無償であるかです。
税金を支払ううえでも、譲渡の場合は譲渡した側が譲渡で生じた所得に応じて所得税と住民税を支払いますが、贈与の場合は、贈与された側が贈与税を支払います。
「相続」とは、亡くなった方の土地の権利を継承することです。
土地の譲渡は、いつでもおこなわれますが、相続の場合は土地の所有者が亡くなったときにのみおこなわれます。
土地の所有者の存命中に土地の権利を譲り渡す場合は、相続ではなく贈与です。
相続での税金の支払いは、相続された側が相続税を支払います。

こちらの記事も読まれています|不動産売却の際に相続や税金などの相談はどこにする?気になる費用もご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における土地の譲渡の流れについて

次に、不動産売却における土地の譲渡の流れについてご紹介します。
1.売却の計画を立てる
まず、土地の譲渡の計画を立てましょう。
いつまでに、いくらぐらいの価格で売却したいのかを明確にしておくことが、スムーズな売却につながります。
2.不動産会社に査定を依頼する
不動産会社に査定を依頼しましょう。
日程の調整後、担当者が現地を訪問します。
3.不動産会社と媒介契約を結ぶ
媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」があります。
それぞれメリット・デメリットがありますので、不動産会社にご相談ください。
4.売却活動をおこなう
土地の売り出し価格決定後に、売却活動をおこないます。
5.売買契約を結ぶ
買主との合意後に、売買契約を結びます。
売買契約書をよく確認しましょう。
6.決済と土地の引き渡しをする
引き渡しまでに、土地の測量などが必要であれば済ませましょう。
約束した内容や期日を守ることが重要です。
7.確定申告をする
土地の譲渡で所得が発生した場合は、土地の譲渡をした翌年の2月16日~3月15日までの期間に確定申告をしましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却の際に相続や税金などの相談はどこにする?気になる費用もご紹介

まとめ

不動産売却における土地の譲渡とはなにか、また土地の譲渡の流れについてご紹介しました。
不動産売却をお考えの方は、ぜひご参考にしてください。
私たち「株式会社ワンライフ」は兵庫県南東部の中でも特に、西宮市や尼崎市、伊丹市を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-42-8559

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ