オーバーローンでも売りたい!そんなときの不動産売却の方法をご紹介

2022-02-22

オーバーローンでも売りたい!そんなときの不動産売却の方法をご紹介

オーバーローンとは、不動産の売却代金で住宅ローンを完済できない状態をいいます。
実は、転勤や離婚、ライフスタイルの変化などにより家を売ろうとしたときに、このオーバーローンの状態だと売却が困難となります。
そこで今回は、オーバーローンでも不動産売却を可能にする方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が困難になるオーバーローンとは?

オーバーローンとは
不動産におけるオーバーローンとは、その不動産の資産価値(価格相場)よりも、住宅ローンのほうが高い状態をいいます。
アンダーローンとは
反対に、ローン残高より資産価値(価格相場)が高い状態をアンダーローンといいます。
オーバーローンだと売却が困難になる理由
一般的に、住宅ローンが残っているということは、その不動産には金融機関からの抵当権がついた状態です。
売却するためにその抵当権を外すには、ローンを完済する以外に方法はありません。
アンダーローンであれば、不動産売却代金で完済できるので問題ありませんが、オーバーローンの場合は簡単には売却できないのです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

オーバーローンかどうかの調べ方と不動産売却の方法をご紹介

オーバーローンかどうかの調べ方

オーバーローンかどうかは「住宅ローンの残債」と「不動産の資産価値(価格相場)」を調べて、差し引きすればわかります。
「住宅ローンの残債」の調べ方は、借り入れ先の金融機関から届いているローン返済計画書や残高証明書を確認します。
「不動産の資産価値(価格相場)」は、自分で調べるのであれば近隣の類似物件の売り出し価格などを参考にします。
より正確な価格を知るには、不動産会社に査定を依頼するのが一番です。
西宮市・尼崎市・伊丹市周辺の不動産は、弊社へ査定をご依頼ください。

オーバーローンでの不動産売却の方法

では、オーバーローンの状態でも不動産売却を可能にする方法をご紹介します。
●足りない分の資金を調達する
住宅ローンを完済するため、不動産売却代金で足りない分の資金を調達できないか検討してみてください。
●売却しないで賃貸物件として貸しに出す
賃貸物件として家賃収入で住宅ローンの返済を続ける方法です。
ただし、住宅ローンは住居用として優遇金利が適用されていることが多く、賃貸物件とする場合には金利が上がる可能性もあるので、注意が必要です。
また無断で賃貸物件として貸しに出すと、住宅ローンの契約違反として刑事告訴や詐欺罪の罪に問われる可能性もあるため、必ず金融機関に相談しましょう。
●任意売却をする
不動産会社は買い手を探し、金融機関の同意を得ることで売却が可能となります。
任意売却は一般的な売却方法とほぼ同じです、市場価格に近い金額で売却も可能で、売却後に残った住宅ローンに関しては、無理のない返済計画を立てることができます。
しかし、任意売却は住宅ローンを滞納されていない方は選択できず、住宅ローンが滞納状態の方でなければ、この売却方法を選択することはできません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

このように、オーバーローンの状態でもそれぞれの状況に応じて不動産売却は可能です。
まずはお気軽にご相談ください。
私たち「株式会社ワンライフ」は兵庫県南東部のなかでもとくに、西宮市や尼崎市、伊丹市を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-42-8559

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ