土地を早く売却する方法とは?ポイントと注意点について解説!

2022-03-08

土地を早く売却する方法とは?ポイントと注意点について解説!

土地を早く売却したいとお考えの方は多くいらっしゃいます。
土地を売却するには時間がかかるといわれますが、早く売却するポイントと注意点があります。
今回は、土地の所有者や土地の売却を検討している方へ向けて、土地を早く売却する方法と注意点について解説いたします。

\お気軽にご相談ください!/

土地を早く売却する方法とは?

ポイント1:土地の相場価格を把握する

土地を早く売却するためには、土地の適正な価格を知る必要があります。
不動産会社に土地の査定を依頼して、査定額を算出してもらうと良いでしょう。
弊社でもホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ポイント2:土地の整備をする

ほとんどの購入検討者は、現地を見て土地の状態を確認します。
もしも、雑草が生い茂っていたりごみや廃棄物などが放置されていると、悪印象を与えてしまいます。
売却活動をスタートする前に、不要なものを撤去して土地を整備し、定期的に除草作業などをおこなう必要があります。

ポイント3:1月~3月に売り出す

例年1月~3月は土地取引が活発になる時期です。
転勤や子どもの進学などで転居先を探す方が増えるため、この時期に売り出しをすると早く売却できる可能性が高くなるでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地を早く売却するための注意点とは?

土壌汚染がないか確認する

万が一、契約後に土壌汚染があることが発覚した場合、売主は契約不適合責任を負わなければなりません。
この契約不適合責任とは、契約の内容に適合しない目的物を買主に引き渡した場合、売主は買主に対して責任を負わなくてはいけないという法律で定められた責任のことをいいます。
トラブルを未然に防ぐためにも、事前に土壌汚染がないか確認しておきましょう。
土壌汚染がないことを確認できれば、安心して売却活動をすすめることができます。

隣接地との境界線を確認する

隣接地との境界線がはっきりしていない土地は、測量をして隣接地との境界を明確にする必要があります。
地積測量図や登記事項証明書に記載がない場合は、事前に測量をしておきましょう。
土地家屋調査士に依頼をして測量をすると、40~50万円程度の費用がかかるため、自己資金の準備も必要です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

土地を早く売却するためには、事前の準備や調査が大切なポイントとなります。
空き地などで土地の状況を把握していない場合は、早めに現地を確認し準備を進めると良いでしょう。
私たち「株式会社ワンライフ」は兵庫県南東部のなかでも特に、西宮市や尼崎市、伊丹市を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-42-8559

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ