西宮市の不動産売却に適したタイミングは?地価動向と人口動態から考える

2022-03-15

西宮市の不動産売却に適したタイミングは?地価動向と人口動態から考える

不動産売却を考えたとき、少しでも好条件で売却したいと望むのであれば、売却のタイミングも重要であると考えられます。
不動産の価格相場は流動的で、さまざまな外的要因により変動します。
そこで今回は、西宮市の不動産売却をご検討中の方に向けて、西宮市の地価動向と人口動態をご紹介します。
西宮市に所有する不動産を売却する際のご参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

西宮市の地価動向から不動産売却のタイミングを考えてみる

毎年1回公表される「公示地価」や「基準地価」をみることで最近の地価動向が分かり、不動産価格のおおまかな傾向や今後の推移を予測する参考になります。
まず、2021年西宮市の公示地価・基準地価の総平均は以下のとおりです。

  • 地価総平均 28万417円/㎡
  • 坪単価総平均 92万6,999円/坪
  • 変動率 前年より0.23%上昇

2013年より継続して上昇傾向にあります。
次に、エリアごとの基準地価平均ランキングをみてみます。

  • 1位 光風園 地価平均47万2,000円/㎡(2.83%上昇)
  • 2位 西宮北口 地価平均42万9,642円/㎡(1.33%上昇)
  • 3位 昭和園 地価平均41万9,000円/㎡(0.72%上昇)

ランキング最下位は「二郎」の地価平均3万4,750円(3%下落)でした。
番地ごとの地価ランキングでは、1位の「高松町541番外」の基準地価100万円/㎡(4.17%上昇)に対して、最下位「山口町中野字東山811番」では基準地価1,790円/㎡(2.19%下落)でした。
平均値でみると2013年より緩やかな上昇傾向にありますが、細かくみると、大阪へアクセスしやすい沿線沿いでは大きく上昇しているエリアがありますが、駅から離れるほどに上昇率も下がる傾向にあり、名塩方面の山側では大きく下落しているエリアもみられます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

西宮市の人口動態から不動産売却のタイミングを考えてみる

人口が増加すると需要が上がるため、不動産価格も上昇する傾向にあり、反対に人口が減少すると供給過多となり不動産の価格は下落します。
とくに、家を建てる中心年代である20~40歳代の人口動態に注目して、西宮市の不動産売却に適したタイミングをみていきましょう。

西宮市の人口動態統計

2021年中の西宮市の人口増減数は810人減少で、2017年より減少傾向にありますが、鳴尾・甲東エリアでは増加しました。
人口増減数を社会増減と自然増減とに分けてみると、社会増減数が265人増加で自然増減数が1,075人の減少になりました。
また、現役世代の総人口に対する割合は、2021年末では36%で、前年より1%程度減少しています。
さらに、社人研の将来人口推移によると2040年には今より約3万人の人口減少が予測されており、高齢化率も36.5%まで上がると予測されています。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

西宮市にある不動産を売却する際の参考に、地価動向と人口動態をご紹介しました。
結論としては、南部地域では需要も見込め、地価も比較的安定しているので売却を急ぐ必要はなさそうですが、北部では需要も低く、地価の下落も目立つため、早めに売却の準備を始めたほうが良さそうです。
私たち「株式会社ワンライフ」は兵庫県南東部のなかでもとくに、西宮市や尼崎市、伊丹市を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-42-8559

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ