不動産売却前にリノベーションが費用な理由を解説

2022-03-29

不動産売却前にリノベーションが費用な理由を解説

不動産売却に関する悩みとして、不動産売却前にリノベーションは必要なのかといったものが多く見られます。
しかし不動産売却前のリノベーションは基本的には不要で、それよりもクリーニングが必要となります。
本記事では不動産売却前にリノベーションが不要な理由とリフォーム、クリーニングとの違い、なぜリノベーションよりもクリーニングが必要かを解説します。
不動産売却をご検討中の方はぜひご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前にリノベーションが不要な理由

不動産売却前にリノベーションが不要な理由は主に2つあります。

リノベーション価格を売却額に上乗せできない場合がある

リノベーションは数百万円かかることも多く、かなりの金額を支払いおこないます。
その金額を不動産売却時に上乗せできるかというと、できないことがほとんどなのです。
もちろん、リノベーションをすることで不動産の売却額を多少あげることは可能ですが、用いた費用を回収できるほど上乗せできることはめったにありません。
もし、リノベーションに用いた費用分を上乗せすると買い手が高いと感じ、売買契約が成立しない可能性があります。
このような理由から不動産売却前にリノベーションをおこなっても、リノベーションするのに支払った費用分を不動産の売却価格に上乗せして売却することが難しいため、基本的には不要とされています。

買い手の幅を狭めることになる

リノベーションとは、間取りの変更や機能的な設備に入れ替えなど今までその不動産になかったものをプラスすることで、不動産の空間設計を見直すことを指します。
しかし、不動産の購入を考えている方のなかには購入後に自分の好きなようにリノベーションをおこないたいと考えている方が多くいらっしゃいます。
もしリノベーションを不動産売却前におこなってしまうと買い手の幅が狭まってしまい、結果的に売却が成立しにくくなる可能性がでてきます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前のリノベーション、リフォーム、クリーニングの違いとは?

まず、リノベーションは間取り変更や機能的な設備の導入など不動産に新たな価値を付け、不動産の空間設計を見直すものでした。
それに対し、リフォームは古くなった部分の修繕をおこなうことを指します。
よって、リノベーションは不動産にプラスアルファを、リフォームはマイナスをゼロに戻す点で違いがあるのです。
また、クリーニングはシミや汚れなどを清掃によって清潔な状態に戻すことを指します。
不動産売却前にリノベーションやリフォームをおこなうよりも、クリーニングをおこなうことのほうが重要となります。
なぜなら、クリーニング費用はそこまで大きな費用をかけることなく、お部屋を清潔にすることができ、この清潔さが売買成立に大きく関わってきます。
不動産売却前は大きな費用がかかるリノベーションやリフォームではなく、クリーニングが必要であると言えるでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却前にリノベーションは基本的には不要なものです。
しかし、クリーニングは売買成立に深く関わってくるため、売却前にクリーニングの依頼をおこなっておきましょう。
私たち「株式会社ワンライフ」は兵庫県南東部のなかでも特に、西宮市や尼崎市、伊丹市を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-42-8559

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ