離婚した場合の不動産売却の方法は?注意点をご紹介

2022-04-12

離婚した場合の不動産売却の方法は?注意点をご紹介

離婚をした場合は、名義などによって不動産売却のときにする手続きが変わります。
ここでは離婚をした場合の不動産売却の手続きと手順について解説していきます。

\お気軽にご相談ください!/

契約の種類に注意!不動産売却の注意点

不動産売却では、離婚した場合でも売却の手順は変わりません。
不動産売却の時に間違えやすい注意点は以下のとおりです。

仲介と買取の違い

不動産を売却するときに間違えやすい部分で、仲介と買取があります。
仲介
仲介とは、不動産会社が買い手を探す広報活動をして、不動産売却を進める方法です。
仲介手数料が必要になりますが、売却価格が買取より高い傾向があります。
築浅など条件が良い物件であれば、仲介で売却を進めたほうが良いでしょう。
買取
買取とは、不動産会社が買い手となって不動産を買い取る方法です。
確実に売れる代わりに、市場価格よりも価格が低くなる傾向があります。
条件が悪い物件やすぐに売却をしたい方などには、おすすめの方法です。

媒介契約の種類とは?

仲介をしてもらう場合には、媒介契約の種類を知っておく必要があります。
媒介契約には3つの種類があります。

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約

それぞれの契約の違いは、複数の不動産会社と契約するかどうかにあります。
一般媒介契約は2社以上の不動産会社と契約でき、買い手の幅が広がります。
専任媒介契約や専属専任媒介契約の場合は1社ですが、その分特典などが付き丁寧に販売活動をしてもらえます。
どの契約にするか迷っている場合は、「株式会社ワンライフ」にご相談ください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

離婚をした場合の不動産売却の注意点

離婚した場合は、共有名義や財産分与など通常の売却以外のポイントを注意しなければいけません。
以下のポイントに注意して売却をすすめましょう。

財産分与

離婚後の財産分与で、不動産をどのようにするか話し合うかと思われます。
親の相続や結婚前に購入した物件であれば、財産分与には当てはまりません。
そのため、税務上の贈与にも該当しないので、原則として税金はかかりません。

共有名義

不動産の共有名義は、ローンがあるかないかで手続きが変わってきます。
ローンがない場合は、離婚成立後に法務局に登記申請をしましょう。
ローンが残っている場合は、財産分与にも関わってくるので注意が必要です。

離婚前・後どちらで売るのが良いの

どちらが住むか、賃貸に出すかによって状況は変わります。
そのため、不動産をどのようにするのか、どちらが持つのかをはっきりさせておくようにしましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

離婚したときは、不動産売却の注意点が多くあります。
そのため、不動産会社に相談しながら、解決していくやり方がおすすめです。
私たち「株式会社ワンライフ」は兵庫県南東部の中でも特に、西宮市や尼崎市、伊丹市を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-42-8559

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ