土地を売却するときの測量とは?2つの測量方法と費用相場をご紹介

2022-04-19

土地を売却するときの測量とは?2つの測量方法と費用相場をご紹介

土地を売却する際には、正確な土地の面積が必要となります。
土地の正確な面積は、測量をおこなうことで測ることができるのですが、測量には当然費用がかかります。
そこで今回は、西宮市周辺で不動産売却を検討している方に向けて、土地を売却する際の測量について解説します。
測量とはどのようなものか、目的や費用相場、また、測量ができない場合の対処法もご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地を売却する際におこなう測量とは?その目的と費用相場をご紹介

測量とは

測量とは、測量士や土地家屋調査士へ依頼して、土地の面積や高低差、隣地との境界線などを機械によって測り、図面に表すことです。
土地を売却した際に、登記簿上の面積と実際の面積が異なることによるトラブルや、隣地所有者との境界トラブルを避けることを目的としておこなうケースが大半です。
測量は義務ではありませんが、売却前に測量をしておくことにより購入者の安心につながり、高く早く売れる可能性が高まるといえます。
ただし、すでに測量をおこなっていて確定測量図と境界確認書があるのなら、売却時に測量をする必要はありません。

費用相場

測量には2種類、現況測量と確定測量があります。
◆現況測量
現況測量は簡易的なもので、既存の境界標やフェンス、所有者の指示をもとに境界を設定し測ることから、取引時に正式な効力を発揮しません。
現況測量をする場合、100坪以下の土地で約35~45万円が費用相場といわれています。
◆確定測量
確定測量は、隣地所有者立ち会いのもと、同意を得て境界点を確定し、そこを起点に面積を測ることから、正確・正式なものとされています。
確定測量をする場合、約40~80万円が費用相場といわれており、隣地が多い土地や国道や水路などに接している土地ほど費用が高くなります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地の売却において測量ができないときの筆界特定制度

筆界特定制度とは

確定測量をおこなう際に、隣地所有者が不明であったり、何らかの理由により境界確定の立ち会いを拒否されたりした場合は、法務局に申請することで筆界特定登記官が現地の筆界の位置を特定してもらえます。
これを筆界特定制度といいます。
筆界とは、その土地が法務局に初めて登記されたときの、もともとの境界です。
筆界特定制度を利用することにより、公的な判断として筆界を明らかにできるため、正確な測量が可能となります。
筆界特定制度の利用には申請手数料のほか測量費用の負担が必要で、判断までに半年から1年程度の期間がかかります。

買取も検討してみては

このような手間や費用はかけずに早く売却したいという方は、不動産会社が直接買主となる買取も検討してみてはいかがでしょうか。
売却価格は市場相場より安くなりがちですが、条件が合えばすぐに売買契約が可能です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

土地の売買を安心しておこなうためには、確定測量が必要不可欠といえます。
私たち「株式会社ワンライフ」は兵庫県南東部の中でも特に、西宮市や尼崎市、伊丹市を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-42-8559

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ