不動産売却前のリフォームは不要!必要なケースと費用相場についても解説!

2022-06-14

売却

不動産売却前のリフォームは不要!必要なケースと費用相場についても解説!

この記事のハイライト
●不動産売却前のリフォームが必要かどうかは状態によって慎重に判断する
●リフォームには費用と時間がかかり売り手にとってはデメリットが多い
●リフォーム費用は導入する設備や材料のグレードによって金額に幅が生じる

不動産を売却しようと考えた際、「リフォームしたほうが売れやすいのでは?」と、大がかりなリフォームを検討される方がいらっしゃいます。
しかし、リフォームには高額な費用がかかるうえに、かえって売れにくくなる可能性があるため、不動産売却前のリフォームは基本的に不要であるといわれています。
そこで今回は、不動産売却前にリフォームするメリット・デメリットや、費用相場について解説します。
兵庫県西宮市を中心に、尼崎市、伊丹市で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前のリフォームは不要!その理由と必要なケースとは?

不動産売却前のリフォームは不要!その理由と必要なケースとは?

冒頭でお伝えしたように、不動産売却前のリフォームは基本的に必要ありません。
まずはその理由をご説明しましょう。

不動産売却前にリフォームしないほうが良いのはなぜ?

リフォーム費用の分だけ高く売れるわけではない
不動産を売却するにあたって、「きれいにして売り出すと高く売れるだろう」と思われるかもしれません。
たしかに、見た目がきれいな物件は印象が良く、リフォームしていない物件よりも興味を持ってくれる買い手は多いでしょう。
しかし高く売れるかというと、そうではないのです。
当然のことながら、リフォームには費用がかかります。
売り手としては、かかった費用を上乗せして売り出したいところですが、周辺の相場よりも高ければなかなか買い手が現れないでしょう。
つまり、リフォームしても相場に近い価格でしか売れない可能性が高いのです。
ニーズに合わない場合がある
最近は、リフォームやリノベーションすることを前提に中古物件を購入する方が増えています。
そのような方は、物件を安く購入して、自分好みの家づくりを楽しみたいのです。
つまり、良かれと思ってリフォームしても、買い手の好みに合わないかもしれないということです。
ただし、不動産の状態によっては、リフォームしたほうが良いこともあります。

不動産売却前にリフォームが必要なケース

生活に必要な設備が壊れている
リフォームやリノベーションを前提に中古物件を探している方であっても、生活に支障がないことが前提です。
給湯器など生活するのに必要な設備が壊れている場合は、修繕や交換をおこない、問題なく使える状態にしておきましょう。
あまりにも見栄えが悪い
不動産売却を成功させる秘訣は、内見時に良い印象を持ってもらうことです。
たとえば壁紙が剥がれていたり、水回りの汚れがひどかったりと、あまりにも見た目が気になる場合は対策が必要です。
大がかりなリフォームではなく、「壁紙だけ」「トイレの便座だけ」など、部分的なリフォームを検討してみると良いかもしれません。
また、「問題なく使用できるけれど汚れが気になる」という場合は、ハウスクリーニングを検討してみましょう。
内見に備えて、水回りだけでもハウスクリーニングできれいにしておくと、清潔感をアピールでき、ぐっと印象が良くなりますよ。

この記事も読まれています|空き家をそのままの状態で売りたい!更地にするメリット・デメリットも解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前にリフォームするメリット・デメリットとは?

不動産売却前にリフォームするメリット・デメリットとは?

続いて、不動産売却前のリフォームを検討するにあたって、メリット・デメリットも把握しておきましょう。

不動産売却前にリフォームするメリット

見栄えが良くなる
不動産を購入する際、立地や間取りは気に入っても、見栄えが悪すぎると購入意欲が損なわれてしまいます。
リフォームすることで見栄えが良くなれば、買い手に良い印象を与え、売却につながる可能性がアップするでしょう。
買い手にメリットを与えられる
購入後にリフォームする必要がないことは、買い手にとって大きなメリットです。
したがって、「すぐに住める家を探している」「リフォーム費用をかけたくない」という方が見つかれば早く売却できるため、売り手にとってもメリットになるでしょう。

不動産売却前にリフォームするデメリット

売却益が少なくなる
前章でもお伝えしましたが、リフォーム費用を販売価格に上乗せして売却できるわけではありません。
売却するために費用をかけても、相場に近い価格でしか売れなければ、手元に残る利益が少なくなるのです。
工事に時間がかかる
不動産売却前にリフォームする場合、リフォーム工事が完了するまで内見に応じることができません。
つまり、工事期間中は売却のチャンスを逃してしまうことになるのです。
また、転勤などで引っ越しの期限が決まっている方にとって、売却活動に入るまでの工事期間はタイムロスになるでしょう。
このように、不動産売却前にリフォームする場合、メリット・デメリットを把握したうえで慎重に判断する必要があります。
弊社は、不動産売却前のリフォームについても、経験豊富なスタッフがアドバイスいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事も読まれています|空き家をそのままの状態で売りたい!更地にするメリット・デメリットも解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前のリフォームにかかる費用の相場

不動産売却前のリフォームにかかる費用の相場

不動産売却前にリフォームを検討するにあたって、どれくらい費用がかかるのかも把握しておく必要があるでしょう。
そこで最後に、リフォームにかかる費用の相場をお伝えします。

フルリフォームにかかる費用の相場

リフォーム費用は、導入する設備や材料のグレードによって幅があります。
あくまで相場ですが、一般的な中古住宅をフルリフォームする場合、400万円ほどの費用を想定しておく必要があります。
どの箇所にいくらくらいかかるのかを知るために、リフォームする箇所別の相場も見ていきましょう。

リフォームする箇所別の相場

トイレ…約10万円から50万円
たとえば温水洗浄便座を取り付けたい場合、すでに洋式トイレが取り付けられており、排水や配管、コンセントなどもそのままの状態で使用するのであれば、10万円ほどで済みます。
しかし、和式トイレを洋式トイレに改装するような大がかりな工事をおこなうとなると、50万円ほどかかる場合もあります。
キッチン…約50万円から150万円
キッチンは、種類によって金額が大きく異なります。
スタンダードな製品であれば100万円以内で済みますが、アイランド型システムキッチンや機能性の高いキッチンに交換する場合は、200万円近くかかるケースもあるでしょう。
洗面所…約20万円から50万円
デザインがシンプルで、最低限の機能の洗面台を選べば20万円以下で済むでしょう。
しかし、収納の多さやデザインにこだわり、一般的なものよりも大きめな洗面台に交換する場合は、50万円近くかかります。
浴室…約50万円から150万円
もともとの浴室がどのようなタイプのものか、またどのように浴室をリフォームしたいかによって施工内容が変わるため、費用が大きく変動します。
たとえば、ユニットバスから新しいユニットバスにリフォームする場合で、約50万円から80万円が相場です。
在来浴室からユニットバスにリフォームする場合は、解体費用もかかるため約100万円から150万円かかる可能性があります。
内装
使用する資材によって変動しますが、壁紙と床を張り替える費用として約20万円から40万円が相場です。
ただし、バリアフリーにしたり、間取りを変更したりすると、約100万円から150万円ほどかかるでしょう。
このように、リフォームには高額な費用がかかります。
しかし、かかった費用の分だけ高く売れるわけではないため、不動産売却前にリフォームすべきかどうかは、不動産会社に相談しながら慎重に判断することをおすすめします。

この記事も読まれています|空き家をそのままの状態で売りたい!更地にするメリット・デメリットも解説

まとめ

不動産売却前にリフォームすることで、買い手の印象が良くなるというメリットはありますが、ニーズに合わなければかえって売れにくくなる可能性があります。
高額な費用をかけて安易にリフォームせずに、まずは不動産会社に相談してみましょう。
西宮不動産売却サポートは、兵庫県西宮市を中心に、尼崎市、伊丹市で不動産売却をサポートしております。
「リフォームしようか迷っている」という方も、ぜひお気軽にご相談ください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-42-8559

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ