相続した不動産売却時の税金についてご紹介

2022-06-28

相続

相続した不動産売却時の税金についてご紹介

この記事は兵庫県西宮市、尼崎市、伊丹市で相続した不動産の売却を検討している方に向けて、売却時にかかる税金の種類や正しい税金対策についてご紹介します。
相続によって不動産売却をおこなうことは意外と身近なことですので事前にチェックしておきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

相続によって不動産売却をおこなうときにかかる税金の種類とは?

相続した不動産を売却したときにかかる税金は「印紙税」「譲渡所得税」「住民税」「復興特別所得税」の4つです。
「印紙税」は不動産売却成立時にかかる税金で、売却金額によって税額が段階的に増えていきます。
不動産売買金額が10万~50万円であれば印紙税は200円ですが、1,000万円~5,000万円で契約の場合は1万円の印紙税を納税することとなります。
「譲渡所得税」と「住民税」、「復興特別所得税」については不動産を売却したことによって「儲け」が発生したときにかかる税金です。
売却益(儲け)に対してかかる税率は不動産を所有していた期間によって異なり、所有期間が5年未満だと「短期譲渡所得」、5年を超える場合は「長期譲渡所得」になります。
相続した不動産の場合は、亡くなった親などの"被相続人"が所有していた期間を計算することになります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産売却時にかかった税金の節税対策をご紹介

売却益は「3,000万円特別控除」と「取得費加算の特例」を利用することによって納税額が減り法的に正しい節税対策が可能となります。
また、相続財産を譲渡したときの取得費の特例では、財産を取得した翌日から3年以内に売却することなど要件を満たすことで利用することができます。
「3,000万円特別控除」では、不動産を売却し利益が出た場合、利益の3,000万円までについては控除してくれる嬉しい特例です。
この特例は相続した不動産に対しても利用可能になりますが、大きな要件として「被相続人が住んでいた家」であることが挙げられます。
そのため相続した不動産がアパートや土地のみの場合はこの控除・特例を利用することができないので注意しましょう。
控除・特例の種類は多くありますが要件に当てはまるかは一つ一つしっかりと確認しなければなりません。
相続した不動産が高く売れ売却益が出た場合は節税対策として控除・特例を利用できるものがないかよく見てみましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

相続によって取得した不動産を売却する際にかかる税金の種類や節税対策になる控除・特例についてご紹介しました。
売却益が出た際は3,000万円特別控除など利用できる税制優遇を活用して正しく賢い節税をおこないましょう。
私たち「西宮不動産売却サポート」は兵庫県南東部のなかでもとくに、西宮市や尼崎市、伊丹市を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-42-8559

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ