認知症になった親の不動産売却はできる?成年後見制度のご紹介

2022-07-19

認知症になった親の不動産売却はできる?成年後見制度のご紹介

親が認知症になった場合、親が所持する不動産の売却ができるのかと気になっている方が多いと思います。
また、成年後見制度とはどのような内容なのでしょうか。
この記事で解説していくので、兵庫県西宮市周辺エリアで不動産売却を検討している方はぜひ最後までご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

親が認知症になると不動産売却はできない

結論から述べると、認知症になった親の不動産売却はできないと覚えておきましょう。
理由は、意思能力がないと判断されると、不動産売却が無効になるからです。
そのため、子どもの意向だけでは不動産売却できません。
なお、親に十分な判断能力があると不動産売却が可能です。
親が自分で不動産会社に行かれなくても、委任状を受けた子どもが代理人になれば、売却の手続きを進められます。
しかし、親が認知症の場合は、判断能力が十分でないケースがほとんどなので、子どもが委任状を受けていても不動産売却できないことが一般的です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

親が認知症になったときの不動産売却トラブル

親が認知症で判断能力が劣ってしまうと、不動産売却においてさまざまなトラブルが起きることが想定されます。
まずは、勝手に不動産売却してしまうことです。
不動産の名義人以外が、勝手に不動産売却してしまい、トラブルが起きることがあります。
具体的には、兄弟姉妹などが勝手に不動産売却するケースも見られるので、気を付けるようにしましょう。
この他、介護費用を得るための不動産売却ができないトラブルも起こっています。
介護にはお金がかかるので、不動産売却をして費用の足しにしようと考えても、代表者に認めてもらえないと実現できません。
このようなトラブルが生じるので、とくに兄弟姉妹などの身内とは良好な関係を築いておくことをおすすめします。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

親が認知症になった際に不動産売却するための成年後見制度とは?

成年後見制度とは、認知症などで判断能力が不十分な人を援助する内容です。
具体的には、被後見人の契約締結や財産管理の代行を務めます。
成年後見制度には、下記2種類あります。

法定後見制度

法定後見制度とは、認知症などですでに判断能力が乏しい方を援助する制度で、家庭裁判所が成年後見人を選びます。

任意後見制度

一方、任意後見制度とは、認知症になる前に使用できて、本人(親)が成年後見人を選ぶ制度です。
なお、成年後見人が不動産売却するには条件があります。
具体的には、不動産売却が本人の利益につながることと、家庭裁判所の許可が必要なことです。
とくに、本人の利益にならない売却理由だと、許可が下りないため注意しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

認知症の親が所有する不動産売却はできないですが、成年後見制度を活用すれば、後見人をとおして売却できるようになります。
その際は、親の利益になることが重要なポイントとなります。
私たち「西宮不動産売却サポート」は兵庫県南東部の中でも特に、西宮市や尼崎市、伊丹市を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-42-8559

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ