リースバックによる不動産売却とは?メリット・デメリットについても解説

2021-12-21

リースバックによる不動産売却とは?メリット・デメリットについても解説

リースバックという売却方法があることをご存じでしょうか。
リースバックは自宅の売却後も退去せずに住み続けられるため、近年注目されている売却方法です。
リースバックとはどのような売却方法なのか、メリット・デメリットについてもあわせて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

リースバックによる不動産売却とは

リースバックとは、不動産売却をした後も、買主に賃料を払うことで、その物件に住み続けることができる売却方法です。
急に現金が必要になったという方や、子供達に生前贈与をしたいといった方にも適した方法です。
ただし売却した金額が、ローン残高より下回る場合は、リースバックを利用することができません。

こちらの記事も読まれています|不動産売却でかかる費用をご紹介!事前に把握してスムーズに手続きしよう

\お気軽にご相談ください!/

リースバックによる不動産売却のメリット

まとまった資金が得られる

売却すると、買取額の現金が一括で手元に入ります。
買主はリースバック買い取りの業者なので、通常の不動産売却よりも現金化が早くなります。

売却後もそのまま住み続けることができる

売却後も賃料を払うことで、そのまま住み続けることができます。
引っ越し代もかからず、近隣に売却を知られることがありません。

不動産所有に関する維持費を払わなくてよい

固定資産税や都市計画税、マンションであれば管理費や修繕積立金を支払わなくてよくなります。

買い戻すことができる

買い戻し特約が付いている場合、買い戻すことも可能です。

こちらの記事も読まれています|不動産売却でかかる費用をご紹介!事前に把握してスムーズに手続きしよう

\お気軽にご相談ください!/

リースバックによる不動産売却のデメリット

売却額が相場より安い

リースバックによる売却価格は、相場よりも安くなる可能性があります。
買主にはリースバック期間終了後に不動産市場の変化によるリスクがあるからです。

賃料が相場より高い

買主の利回りを考慮した価格設定になりますので、賃料が相場より高くなる可能性があります。
払い続けることができる賃料なのか、リースバックで売却する前によく確認しましょう。

買戻し時の買取り額が相場より高い

買主が利益を得るため、売却時の価格よりも買い戻しの際の価格の方が高くなる可能性があります。
買い戻しを希望している場合は、買い戻し金額についても事前に確認しておくようにしましょう。

退去を迫られる可能性がある

リースバック後の賃貸契約では、定期借家契約が使われることが多く、契約期間が満了する度に再契約をしなければなりません。
普通賃貸借契約であれば、余程の契約違反が無い限り、退去を迫られることはありません。
しかし定期借家契約の場合、双方の同意がないと再契約ができないため、契約満了時に退去を迫られる可能性もあります。

こちらの記事も読まれています|不動産売却でかかる費用をご紹介!事前に把握してスムーズに手続きしよう

まとめ

リースバックは、まとまった資金が必要になった場合や、近隣に知られないまま自宅を売却したいという方に適した売却方法です。
ただしリースバックが便利な売却方法とはいえ、デメリットもあることを知っておかなければなりません。
自分には合った売却方法なのか、メリット・デメリットについても把握した上で、リースバックを利用するか検討しましょう。
私たち「株式会社ワンライフ」は兵庫県南東部の中でも特に、西宮市や尼崎市、伊丹市を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-42-8559

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ