ライフステージの変化に合った不動産売却とは?タイミングごとの方法を解説

2022-12-20

売却

ライフステージの変化に合った不動産売却とは?タイミングごとの方法を解説

マイホームの住み替えは長い人生において1度きりではなく、生活の変化に合わせて住まいも替える方が増えています。
とくに、家族構成に変動があるようなライフステージの変化においては、より生活しやすい住まいへと移動するのがおすすめです。
そこで今回は、出産・子どもが独立・親が亡くなるといったタイミングごとの不動産売却方法を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

ライフステージの変化と不動産売却方法①出産

出産して赤ちゃんをマイホームに迎え入れると、産後すぐの子育てスペースが足りなくなるのはもちろん、成長とともに必要となる個室が確保できないといった問題に直面します。
そのため、出産のタイミングで手狭な家を売却して、広めの家を購入する方も珍しくありません。
このタイミングでの不動産売却は、子育て資金も含めて将来の資金計画が立てやすいのがメリットです。
売却資金を元手にそれまでよりも広いマイホームを選べる点や、子ども用品の購入前ならば引っ越しも楽におこなえる点からもおすすめのタイミングといえます。
出産までの短い間でスムーズに不動産を売却するには、査定額よりも低い価格で売り出したり、ある程度までは値引きに応じたりすると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

ライフステージの変化と不動産売却方法②子どもが独立

子育て中は広い家に住んでいても、子どもが独立したあとはその広さが無駄に感じられてしまいます。
年齢を重ねるにつれて室内の移動に不便を覚えることも多いため、このタイミングで老後の生活スタイルに合わせた広さの家へ買い替えるのがおすすめです。
それまでは自分の通勤や子どもの通学に合わせた立地を選んでいても、子どもの独立後には利便性の高い都心部で暮らせます。
築年数の古い家はリフォームをしてから売却するのも1つの方法ですが、買主の希望に沿えるとは限らないため、リフォームは必要最低限で良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

ライフステージの変化と不動産売却方法③親が亡くなる

親が亡くなったタイミングで親名義の実家を相続した場合、将来的そこに住む予定がなければ早めに売却するのがおすすめです。
亡くなった親から受け継いだ不動産を売却するには、売却活動に入る前に相続登記の名義変更が必要となります。
相続登記の前には、遺言書の確認・ほかの相続人や実家以外の資産の確認・遺産分割協議といった作業が不可欠で、登記申請書・印鑑証明・住民票・戸籍謄本なども必要です。
また、不動産売却時には譲渡所得税や印紙税などの税金がかかりますが、条件を満たせば税金控除の特例などが使える点もチェックしておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却は、ライフステージ変化のタイミングで考えるのがおすすめです。
出産のタイミングは、資金計画の立てやすさなどがメリットとなります。
子どもが独立したタイミングならば、老後の生活スタイルに合った家を選べます。
そのほかに、亡くなった親から相続した家を売却する流れもチェックしてみましょう。
兵庫県西宮市、尼崎市、伊丹市で不動産業を営む経験豊富な「西宮不動産売却サポート」なら、相続でお悩みの方に寄り添い、親身に対応させていただきます。
どんなことでもかまいませんので、ぜひにお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-42-8559

営業時間
10:00~18:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ